読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見上げた空の彼方

嵐とBUMP OF CHICKENとSexyZoneとPerfumeとaikoが好きです。

胃カメラがしんどい。

どうも、現在進行形で人間ドックの呼び出し音が頭の中に流れているわたしです。

毎年、人間ドックの記録残しているから、今回も残しとく。笑

去年から薄々感じてたけど、わたし胃カメラが苦手だ。麻酔が効きにくいのか、はたまた嘔吐反射が人より強いのか、単なる慣れの問題なのか知らないけど、胃カメラが体内に入っているときのどうすることもできない吐き気、やり終わった後の根こそぎ体力を奪われたかのような消耗感、しばらく経たないと消えない内臓の中をカメラが動き回って何かがこみ上げてきそうな感触といい、総じて胃カメラがしんどい。あれだけ苦手な眼圧*1ですら、胃カメラに比べればまだマシ、って思う日が来るとは…。

あと、超音波検査やったときに下腹部何回もぐりぐりされたんだけど、子宮とか卵巣に何かあったのかな??ううっ、やってもらってる時に聞いときゃよかった><

早く結果を教えてくれ~~。

 

*1:苦手なことトップスリーに入る。

あなたを信じてる清々しい程に。

相葉さん、第67回紅白歌合戦の白組司会おめでとうございます。*1

*1:にのあいがことあるごとに第○○回ってアピールするから覚えた。笑

続きを読む

パーソナルカラー診断

ずっと気になっていたパーソナルカラー診断を受けてきました。

 

 

 

 

続きを読む

キラキラ

 毎年8月になるとaikoの「キラキラ」を買った日のことを思い出す。

キラキラ

キラキラ

 

 

今から11年前の2005年8月3日、わたしはその日リリースされた「キラキラ」の初回限定盤がほしくて、CDショップを何件もはしごした。

中学3年生だったあの頃のわたしはまだフラゲ日の存在を知らなくて、発売日当日なのに行く先々のお店で品切れ中になっていることが不思議でしょうがなかった。

ここに行ってなかったらもう諦めよう、と思って行ったTSUTAYA*1にわたしがずっと探していたCDが置かれていた。すぐさまCDをレジに持って行って、車で待っていた母親の元に走っていった。「あった!!」と興奮気味に話すわたしに対して母親は淡々とした口調で「よかったね」と一言。テンションの高低差が激しかったけどそんなの構わなかった。助手席に座って、買ったばかりのCDを取り出し、ビニールを破って車に備え付けられていたオーディオにCDを入れて待ち望んでいた音が流れ出した瞬間の高揚感を今でもはっきりと覚えている。

あれから月日は経ってわたしはとっくにフラゲを知って、CDが店舗に置かれていないときにはわざわざはしごをしないでネットで買う術も覚えた。社会人になって今では自由に使えるお金が増えて、あの頃よりもほしいものはたやすく手に入るようになったけど「キラキラ」以上に買った日のことを鮮明に覚えているCDにはまだ出会えていない。

便利さや手軽さと引き換えに、子どもの頃持っていたほしいものを手に入れる必死さや、思い入れが希薄になってしまったことが、少し寂しい。

 

*1:※今でもわたしの行きつけ

本当のことは知りたくないの。

例の熱愛報道について。

モヤモヤがとれないので思ったことをつらつら書き起こしてみた。

 

 

 

 

続きを読む

ジャニオタ社会人応援スタンスについて(20代嵐担の場合)

 

 

最近、話題になってるこのトピックが面白かったので、自分でもやってみた。

 

 

 

続きを読む